• facebook
  • instagram
  • twitter
アッサム ナホラビ茶園CTC BOP
アッサム ナホラビ茶園CTC BOP

T2061 Assam Nahorabi , CTC BOP

アッサムティーと言えばミルクティーのイメージが強いですが、このナホラビ茶園のロットは、どこか緑茶を感じさせる軽やかさがあり、ストレートでもお楽しみいただける味わいです。

茶葉のタイプは、短時間で濃く出るように開発された、ミルクティーやチャイに好んで使われることの多い”CTC製法”で製茶されたコロコロとした丸いタイプ。
ストレートはもちろん、ミルクティーでもぜひお楽しみください。
 
 
● ナホラビ茶園

茶園名は、現在のナホラビ茶園があるエリアに、かつて、とても美しいNahor treesが広がる一帯であったことに由来しています。また、北インドの中で初めてISO9002を取得した茶園の一つであり、この地域の環境バランスに配慮した活動を続けています。
 
 
● CTC BOP CL SPLとは

CTCとは、紅茶の製法の一種です。3つの工程の頭文字をとって、CTC製法と呼ばれています。
"Crush "(砕く・押しつぶす)
" Tear "(引きちぎる)
 "Curl"(丸める) という

近年、この製法でとても美味しいものと出会えるようになりました。
ストレートはもちろん、ぜひミルクティーでお試しください。

BOPとは、Broken Orange Pekoe (ブロークンオレンジペコー)のこと。
グレードや等級と呼ばれ、茶葉の大きさや形状を示しています。

CL SPLとは、Clonal Specialの頭文字。
製茶されたたくさんのロット中でも、特別なロットという意。


● おすすめの飲み方(茶葉分量の割合)

<ホットティー>
茶葉1gに対して水150−200mlの割合  
※熱湯抽出する際には、金属に触れないようご注意ください。ポットは陶器製やガラス製をご使用ください。

 <ミルクティー>
茶葉3gに対し水150−200mlの割合
※上記はウーフの通常のおすすめ分量です。このナホラビ茶園のロットに関しましては、お好みで茶葉の量を増やして味わいを調整してください。
 
 

アッサム ナホラビ茶園CTC BOP

0point

+ −